離島での看護師求人

看護師として離島での転職を検討しましょう

看護師の現状

 

バブル終わってからというものデフレ状態が続いて、なかなか企業の経済状態も良くなくそのために人事の採用も押さえられていました。
大学生にとっては超氷河期とも言われていて、一人で10社以上入社試験を受けている人もめずらしくありませんでした。

 

現状においても極端な円高から円安に転じて来て、以前よりは企業の体力もついて来ているみたいです。
しかしながら大学生、高校生の採用状況は少しずつ上向いているにしても以前低迷状態なのは変わりありません。

 

このような状況の中で病院やクリニックなどに従事しています看護師の就職状況は特異なものになっています。
一般の企業の採用状況とは違い、看護師不足のために医療機関側では看護師を集めるのに大変な努力をしていかなければ看護師の人数を維持できていかないのです。

 

看護師の数は以前は、患者10人に対して1人だったのに対して、2006年に新診療報酬改定による新看護基準は7人に対して1人という基準になり、この基準を満たしています病院には高い診療報酬を支払う事になったのです。

 

このため病院側は看護師の採用を増やして、高い診療報酬を得ようとしているのです。
しかしながら、看護師の採用は今ではかなり難しい事となっています。

 

そのために病院側は、結局は受け入れる患者数を減らすなどして対策をとっているのです。
また7人に対して看護師が1人となり、10人に1人よりは看護師の負担がなくなって来ているようにも見えるのですが、患者の老齢化による負担や事務仕事の量が増えた事などから以前から楽になって来てるというようなことはないようです。

 

看護師の不足は以前よりはその割合は少なくなって来ていると言われています。
それでも病院やクリニックなどでは、看護師の定員の維持にはかなりの力を入れているのです。

 

また看護師は、募集も多いということで何回も転職を繰り返している人も比較的多くいるようです。
自分の希望する労働条件や給与や手当などの待遇面での折り合いが合わなければ転職に踏み切ります。

 

全国の病院やクリニックなどの看護師すべてが同じような条件で働いている訳ではありません。
場所によって勤務も楽になっている場合も多いのです。

 

また同じような条件で働いていても、給与や手当が違う場合も多いのです。
少しでも高い給与や手当をもらいたいと誰しも思っているのです。

 

一つの病院の勤務だけではなかなか見える事が出来ないものです。

 

 

看護師不足の原因

 

看護師不足がなかなか解消できないのは、毎年のように新しい看護師が誕生して来てもそれ以上に看護師を辞めてしまう人が多いからです。
最近はブラック企業という事で、いろいろ有名企業までもインターンネット上でやりだまにあげられています。

 

ブラック企業の内容は、勤務時間が長く残業が多くても残業手当も出ずまた休暇もなかなか取れないなどの劣悪な勤務環境なところが多いみたいです。

 

ブラック企業に勤務している人は、こういう勤務が当たり前ではないというふうに思う人もいるみたいです。
その結果、我慢してずっとこの企業に働き詰めになって精神的にも肉体的にもボロボロになって初めて気づく人もいます。

 

看護師の勤務環境においてもこういう環境の人も少なくありません。
残業が多くても新人のうちは仕事もあまりできないのだから、残業で残っても手当なんてでないところもあったりします。

 

また病院勤務は24時間態勢なために看護師はシフト勤務により入れ替わり勤務する事になります。
そのため昼間の勤務の他に夜勤勤務があり、この勤務が原因で看護師という仕事を辞めてしまう人もいます。

 

夜勤は通常勤務と違い、夜に睡眠を取る事がほとんど出来ません。
休憩時間もありますのでその間に睡眠を取る人もいるでしょう。

 

しかし、夜勤においてはなかなか休憩時間が取れない事も多いのです。
また座っている時間は短くて立ってばかりの長時間労働も珍しくありません。

 

このように夜勤と日勤などの勤務の繰り返しでは、なかなか通常の健康管理が難しくなってきます。
夜勤のせいで体調を崩して行く人も多いのです。

 

夜勤や残業があったにしても、それに見合うだけの給与や手当が出ていればそれほどきついとは思わないのかもしれませんが、なかなか経済的にも現状の看護師は大変なのです。

 

経済的なもの以外にも、プライベートな時間がなかなか充実させる事も難しいのです。
夜勤明けはそれだけで休養を取るだけで終わってしまい、次の日もひきずってしまうものなのです。

 

これでは何のために働いているのかわからなくなってしまいます。

 

看護師の特徴としては、女性職場であるという事。
今では男性の看護士も珍しくなくなってきましたが、それでも95%以上は女性なのではないでしょうか?

 

そこには一般企業とは違う男女構成のため、上司や同僚、後輩などの人間関係についても複雑なものがあるようです。
人間関係がいやで病院を辞めて転職する人も多いと思います。

 

このように看護師の仕事を辞めてしまう人はいろいろな理由があります。
看護師はいわゆる3K職場とも言われていますので、仕事の内容はきつい事が多いです。

 

残業や夜勤などの不規則な勤務をすることにより、健康管理も大変難しいものになっているのです。
またこのようにきつい仕事をやっている割には、給与面ではそれ相応の給与がもらえていないことから不満が重なってくるのです。

 

この他には人間関係や職場環境も原因にあげる人が多いです。
しかしながら、退職時の理由を聞かれてもこのような人間関係等は言いづらいものがあるために表面にはあまり出てくる事はありません。

 

退職理由としては、結婚や子育て他の仕事への転職などが多いのではないでしょうか。
看護師としてずっとやっていきたい人は多くても、夜勤や手当などの不満から辞めて行く人もまた多いものなのです。

 

看護師不足解消には、労働環境の改善が必要になってくると思います。

 

 

看護師としての転職を目指すには

最近では一つの病院に固執していつまでも我慢しないで、他のもっと楽で待遇の良い病院への転職を考えている人は大変多くいると思います。
実際に自分で条件のいい病院を見つけたりしたりしてる人も多いのです。

 

忙しい看護師業務の中で、次の転職先となる病院のいわゆる就活は結構な重労働なものなのです。
看護師が転職先を見つけるためには、まずはナースセンターとも呼ばれている看護協会に申し込む人も多いと思います。

 

看護協会は、1992年に「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基づき設置されていて、都道府県の看護協会が都道府県知事の指定を受けて運営しています。

 

転職を探している看護師看護師を探している病院などの医療施設双方が登録しています。
看護師が看護協会で、転職先を見つける方法は自分の希望する地域や条件等でインターネット上で検索しながら見つける事になります。

 

条件等では雇用形態や勤務形態、給与形態や勤務時間や残業の有無などについて回答できます。
検索条件にヒットした病院かなどの医療施設から、自分の条件と照らし合わせながら探していく事になります。

 

また一度看護師の仕事を辞めて、子育てや介護などしてしばらく現場を離れていた人にも職場復帰しても以前と同様な業務にすぐにつけるように最新の知識・技術を学ぶ研修会、臨床研修実施の病院紹介などをしていますし、また就職相談イベントなども行っています。

 

また看護協会と同様に看護師の転職先を見つける方法としては、一般の職種の探し方と同様にハローワークがあります。
ハローワークと看護協会の違いは、看護師に特化しているかどうかの違いだと思います。

 

ハローワークも登録しておけば、病院等の医療機関の求人を閲覧する事が可能です。
インターネット上からも見る事が出来ますし、もちろんハローワークに直接行って閲覧する事も可能になっています。

 

ただし看護協会の検索方法とは違い、看護業務に直接絡む条件等はあまりありません。
希望する職種や都道府県、市町村あとは新着求人というものもあります。

 

いずれにしても、看護師本人がインターネット上や直接出向いて自分で検索して自分の希望する条件に近いところが、見つかるまで探す努力が必要になってきます。

 

この作業は以外と大変で、検索にはかなりの医療機関が結果として出てくると思います。
その一件一件を見て行く作業は、看護師業務の後の作業としては大変ハードなものです。

 

また休みにゆっくり探そうと思っていても、貴重な休みはやはり自分のストレス解消のために使って行きたいものなのです。
一見インターネットから探せて楽なように見えても、なかなか自分で探して行く事はストレスがかかる作業になってしまうのです。

 

 

看護師求人サイトについて

看護師の求人のためには看護協会やハローワークがありましたが、この他にも看護師求人サイトというものがあります。
これはインターネット上にある看護師の転職サイトみたいなもので、その数も看護師不足のためにかなりのサイト数が今では存在しています。

 

看護師求人サイトも看護協会やハローワークと同様に、インターネット上から希望条件を入れて転職先となる病院を見つける事が可能になっています。

 

しかし看護師求人サイトでこのように転職先を探している人はあまりいないと思います。
なぜならば、基本的に看護師求人サイトには看護師の転職先を探している人に担当者がつく事が多いのです。

 

この担当者はコンサルタントとも呼ばれる事が多いのですが、このコンサルタントがはじめに転職希望の看護師から次の転職に際しての希望条件を細かく聞いてくれます。

 

そこでは本音でいままでの病院がどのように不満だったから、次はこのような病院に勤めたいというように明確に言う事が出来ます。
転職はしたはいいが結局また以前と変わらない病院のような状態では、なんのために転職したかわかりません。

 

またコンサルタントは、求人のあった病院の内部事情についても調査していると言われています。
求人票だけではわかない実態を実際に勤務しています看護師などから情報収集をしているのです。

 

実際にはいい条件で掲載されていても、転職した後に実はこんなんだとは思わなかったという事はよくあることです。
また看護師の転職が一度ならず二度、三度と多いのも自分の希望条件と実際に就職した病院の実態とのギャップです。

 

残業がないというようなことだったのに、勤務してみると残業が頻繁だったり、残業しても手当が満額出ていなかったりしていることも挫折してしまう原因ではないでしょうか?
こういう事がないように、看護師求人サイトのコンサルタントである担当者は調査を繰り返しているのです。

 

 

また看護師求人サイトの特徴といたしましては、希望通りの転職先を紹介する他にも応募する病院などの医療機関が決まった場合には、面接日の設定や面接の対応なども行ってくれるところが多いです。

 

自分では言いづらい給与や手当などの条件面の交渉なども、病院側と直接やってくれるところもあります。
このように看護師求人サイトには、看護協会やハローワークにはないいろいろなサービスがあります。

 

そのため最近では看護師求人サイトでの応募も増えているようです。
どこを利用して転職先を見つけるにしても、希望条件に合うところに転職できる事が一番です。

 

ほとんどが無料でサービスを受けられますので、一つに限らずにいろいろなところを利用して転職先を見つけるのもいいのではないでしょうか!

 

 

離島という看護師への道

 

看護師は、病院やクリニックや他の病院施設などに勤めています。
施設毎の違いや小児科・内科、外科などの科による違いもあるでしょう。

 

一概に看護師と言っても様々な形での勤務をしている事と思います。
それ以外の違いでは、地域によっての違いもあると思います。

 

自分の地元だから近くの病院に勤務している人や、逆に地元から離れたくてあえて遠くの地域での看護師の仕事をしている人もいます。
その人その人によって事情があったり、希望があったりしたりするのです。

 

また看護師は全国どこにいてもほとんどの地域で従事する事が出来るのです。
ですから都会を希望する人には、大きな病院から小さなクリニックにいたるまで多くの病院で働くチャンスもまた多いのです。

 

都会いるのならば特に若い独身の女性にとっては、いろいろな面で便利だと思います。
なによりも休日の過ごし方は田舎と違って行動範囲が限られる事がありません。

 

音楽が好きならば、いつでもいろんなアーティストのコンサートがあるので毎月のように見に行く事が可能です。
映画であっても地方と違って、やっている種類も多いので自分の好きな映画を見に行ける機会が多いのです。

 

またショッピングや食べに行ったり飲みに行ったりと、都会にいる場合には暇な時がないくらいに遊びに行く事が可能だと思います。
人がたくさんいれば、たとえ知り合いがいなくても街中を歩くだけでも楽しさもあると思います。

 

たとえお金がなくても楽しめるのが都会ではないでしょうか?
一方で、都会の嫌いな人もいると思います。

 

都会のごみごみした感じや人の多さがかえって嫌な人も多いのではないでしょうか。
かといって、地元ではないところで働きと思っている人もまた多いと思います。

 

そういう人には看護師としての新たな道として、離島での転職を目指してみてはいかがでしょうか?
離島というとどういうイメージでしょうか?

 

人が少なくて、老齢化が進んでいるような感じで都会的な店並みもなくて寂しい感じ・・・といったところではないでしょうか。
病院などの一件だけというようなところも多いと思います。

 

その分、その病院に勤務しています医師や看護師への依存もほかの地域と比べて大きくなっているものと思います。
離島での看護師業務は、離島での人口が少ない分すぐに顔見知りになってしまうと思います。

 

やりがいという面では、都会での看護業務に比べてまた違ったものがあります。
離島の人に頼られているというような実感が出来ると思います。

 

大きな総合病院とは違った、一人一人の患者さんと向き合えるという事ができるかもしれません。
患者さんと親しくなる度合いも都会の病院とはまた違ってくると思います。

 

一方で、離島でのプライベートな時間はどうでしょうか?
離島ではたっぷりと自然を満喫できると思います。

 

また、南の島の方では女性でもスキューバーダイビングを楽しみ人も多くなって来ています。
好きな人ならば、わざわざ一般企業に勤めていた都会の生活を捨てて住み込みで離島に来ている人がいるくらいです。

 

スキューバーダイビングが目的で離島での看護師としての転職なんて言うのは、趣味と実益を兼ね備えているものと思います。
今の看護師不足においては、離島においても条件面では昔よりよくなって来ていると思います。

 

そんなに無理しなくても勤務できるような体制を整備しているのです。
病院に行っても帰って来ても、ストレスが貯まるような生活からはおさらばして離島での看護師を目指してみるのも一つの人生です。

 

離島での生活があなたの人生を変える事になるかもしれません。
まったくいままで縁もゆかりもなかった土地での看護師生活が、いままでとは違った充実したものになるかもしれませんよ。

 

いくかどうかは別にして、看護師求人サイトでどのような離島があってどのような医療施設があるのかを調べてみてはいかがでしょうか?
調べてみるとその中に、あなたのお気に入りの離島の病院が見つかるかもしれないのです。

 

 

28歳 神奈川県出身

 

私は一つの病院でずっと勤務していました。
最初のうちはやはり今までとは全く違った勤務と看護独特の雰囲気があり、戸惑うばかりでした。

 

実際に何回か夜勤に入ってみて、やはりの勤務は緊張感もあって長い時間に集中を維持する事は大変である事がよくわかりました。
若かってせいもあってか意外とその当時には、疲れもあまりなく夜勤明けでも結構ショッピングや映画、習い事などもやっていました。

 

次の勤務も夜勤の疲れなどもあまりなく、続けて行く事が出来ていました。
しかし段々と年齢も重なってくるに従って、疲れも残るようになってきました。

 

よく看護師は病院を転職していく人が多いと聞きます。
私みたいに夜勤が負担になってきて、自分の体調などを考えて転職して行く気持ちはよくわかります。
夜勤のある病院からもっと楽な勤務の病院へと希望してもおかしくないと思います。

 

私の場合には、夜勤は負担で体力的にもしんどいと思いましたがそれを理由に転職したいとは思いませんでした。
どこでも看護師はこんなものというような諦めがあったのかもしれません。

 

ただ、病院の人間関係や住まいのご近所さんなどの都会的な雰囲気にはなじめずにいました。
漠然と田舎の病院にでも転職してみようかなと思っていたのです。

 

インターネットでいろいろ調べてみると、離島での看護師募集も多い事がわかりました。
海のすぐ近くで育った私としては、海というのは抵抗ありません。

 

また、離島という事で都会にはない人間関係があるのでは思うようになりました。
大病院とは違った、患者さんとのやり取りも存在すると思います。

 

離島に転職を決めたのはいいですが、どうやって病院を見つけるかという事です。
インターネット上には、看護師求人サイトが多くあります。

 

そこではいろいろ希望条件に合わせて、コンサルタントができるだけ本人の希望に添うような病院を探してくれるのです。
私も看護師求人サイトに登録してみました。

 

しばらくして、連絡があり離島の小さな病院を受けてみる事に決めました。
面接も看護師級サイトのコンサルタントがやってくれました。

 

離島への病院への転職を決めてからは、短期間で見つかり転職する事が出来ました。
離島だけになかなか自由が利かない事もあるかもしれません。

 

夜中に呼び出されたりも、プライベートな時間があっても遊ぶ場所もあまりないのかもしれません。
しかし、都会での生活よりも自分には離島での看護師としての仕事が合っていると思っています。

 

 

37歳 東京都出身

 

生まれも育ちも東京の私に取って、職場は違う場所でと言う思いがありました。
しかし、意に反して看護師の資格をとってからの就職先は東京都内の大きな総合病院でした。

 

最初はもうどんなことでも我慢していたように思います。
最初は何も出来ないのだから勉強という事での残業が多かったです。
もちろん仕事はまだまだ出来ないのだから、手当ももらえる雰囲気でもなかったのです。

 

大きな病院だけあって看護師の人数もたくさんいました。
男性もごく少数いましたが、ほとんどが女性なのです。
女性の集団って聞いただけでなんだか怖いですよね・・・。
小さな派閥みたいなものもあって、男性には理解してもらえないような世界なのです。

 

その病院でもいろいろあって、仕事の疲れにプラスして人間関係の精神的なストレスもかなりのものだったと思います。
看護師の仕事は、若いうちからいろいろ経験したので仕事での事ならば我慢できます。

 

しかし人間関係だけはどうにもなりません。
ずっとこの病院では、働きたくないという思いだけが常日頃からありました。

 

そんな中、ある程度休みが貰えたので南の方の離島に旅行に行ってきました。
東京育ちの私に取っては、一種のカルチャーショックでした。

 

東京では経験できる事のない、島の人達との交流がここでは経験できたのです。
いつも病院でも患者さんとの間でもそんなにつながりなんてありませんでした。

 

離島看護師として働いてみたと思ったのは、この旅行からでした。
旅行から帰って来て、どうやって離島への就職を探したらいいものかと調べてみました。

 

看護協会とかハローワークで探す方法もありますが、インターネットから登録できる看護師求人サイトの方がなにかと便利である事がわかりました。

 

漠然と離島の病院へ希望をだすのではなく、夜勤などの勤務条件や手当などの待遇など細かく看護師求人サイトの担当者と話し合いました。
その後は、看護師求人サイトの担当者が探してくれますので私はなにもしなくてもいいのです。

 

疲れた体でパソコンの前でコツコツ検索しなくてもいいのです。
何もしなくて就活をして行く事になるのです。

 

そんなに時間はかからないうちに新しい離島での転職先が見つかりました。
離島では患者さんともいろいろな話もして、東京とは違う充実感みたいなものがあります。

 

休みは何もする事ないだろうと思う人がいるかもしれませんが、私はスキューバーダイビングにはまってしまいました。
離島にこなければやらなかっただろうスキューバーダイビングと出会って、私の人生も変わった気がします。

 

今では、ずっと東京に帰らずに楽しんでいますよ!

 

 

26歳 大阪府出身

 

いろいろな話を学生の時に聞かされていても、やはり実際に実習や就職して病院勤務をしてみると誰しもギャップを感じてしまうのではないでしょうか?

 

ブラック企業とか世間は騒いでいますが、病院なんてブラックばっかりという看護師の方もいるくらいにきつい職場なのです。
きつい上にそれに見合った手当が出ている訳でもないので、不満はかなりなものだと思います。

 

転職を繰り返す看護師も多いのもわかる気がします。
私の場合には、若いうちならば体力も持つかもしれませんが、これからはだんだん難しくなってくるのではないかという恐怖感がいつもあるのです。

 

ビルに囲まれた病院の中で働いていて、ふと田舎の小さな病院で勤務してみたいという思いが出て来ていました。
そんな時に友人が結婚退職して島にお嫁に行ってしまいました。

 

しばらくしてから遊びに行ったのですが、島の生活は確かに都会のように24時間どこかのコンビニが開いている訳ではないし物だって豊富にある訳ではありません。

 

遊ぶ場所だって飲むに行く場所だって若者にはあまりなじめない場所だと思います。

 

しかし、離島には離島の良さがある事がわかりました。
人間的に自分には忘れていた人間関係が離島にはあるのです。

 

私は思い切って看護師として離島への転職を決めてしまいました。
インターネットで看護師求人サイトに申し込んで、離島での看護師としての転職先を希望したのです。

 

離島看護師求人はそんなにあるとは思いませんでしたが、意外と私の希望条件に合う病院がすぐに見つかったのです。
看護師求人サイトのコンサルタントという担当者も、懇切丁寧に対応してくれました。

 

離島の仕事もやることは多岐にわたっていますが、大阪の病院にはない楽しみがそこにはありました。
すぐに顔も覚えられていろいろなことを聞かれたり聞いたりと、充実した看護師業務やって行けます。

 

プライベートも夏は泳ぐ事も出来ますし、冬でもいろいろな運動が出来ます。
ストレスがたまっていて以前の病院と比べても全くという程なくなりました。

 

これからも離島の人のために働いて行きたいと思います。

 

 

離島での看護師を目指す

看護師として大きな病院や専門病院などの選択肢や、都会や田舎・離島など地域による違いもあります。
都会での生活はなにかと便利です。
若いうちには特に休日でのプライベートな生活を考えると、ショッピングでは自分の買いたい物を実際に手に取って選ぶ事が出来るのです。

 

また、友人達と遊ぶ場合においても自由にいろいろな場所を選ぶ楽しさもあります。
都会には都会なりのすばらしさがあるのです。

 

一方で離島ではコンビニがないところもありますし、買い物も限られた物しか買えないかもしれません。
しかし、買い物についてはインターンネットさえつながってさえいれば、通信販売での購入が出来ます。

 

遊びという点では離島の場合にはその地域に大きく依存します。
水泳やスキューバーダイビングが出来るところならば、新しいチャレンジが出来るかもしれません。

 

離島での生活は、そこに住んでいます住民との付き合いも都会よりも密接になってくると思います。
その分、人間と人間と付き合いも広くなり人生経験としても得る物が大きいと思います。

 

離島での看護師の転職を目指すためには、看護師求人サイトからがいいと思います。
インターネットから登録する事により、無料で転職まで面倒を見てくれます。

 

登録すれば看護師求人サイトの担当者があなたの希望を細かく聞いてくれます。
あとは担当者に任せとおけばいいのです。

 

担当者が離島での看護師求人の中から、あなたに合う病院を見つけてくれます。
また、希望する求人先が見つかれば面接日の設定や面接での対応方法、給与や手当などの条件交渉などもやってくれるところがあります。

 

今現在の病院で悩んでいる方も多い事と思います。
いろいろ理由で転職を考えている方もいるでしょう。

 

そういう時には、離島での看護師業務という事も検討してみてはいかがでしょうか?
離島での新しい生活があなたの人生を変えるかもしれませんよ!